Trading viewとは?

私は基本的にチャートを表示するのには「TradingView」を使っています。

Trading viewとはクラウドベースのチャート表示ツールです。ダウンロードの必要は無く、ブラウザーで使う事が可能です。※スマホ版はアプリをダウンロードする必要有り。

様々なツールがあり、ユーザー同士のコミュニケーションや、自作インジケーターの公開、公開インジケーターの利用、各種テクニカル指標や分析ツールの利用ができます。かなり自由度が高く高性能です。

でもお高いんでしょ?

無料でも使えます!

プランとしては以下の4つ。( )内は月額です。

BASIC(無料/広告有り)/ PRO($12.95) / PRO+($24.95) / PREMIUM($49.95)

慣れるまでは無料版でも良いのかなぁとは思います。本格的にやるつもりならPROかPRO+がオススメ、と言うか少し慣れてくると有料版の機能が欲しくなります。

無料版は「広告がウザイ」と言うのもありますが、一番大きいのは「出来高プロファイルが利用できない」と言う事です。トレードにおいて価格帯別の出来高表示ができるのはかなりのアドバンテージになります。他は「アラートが1つしか設定できない」「後で検証する際リプレイが日足以上しかできない」・・・その他諸々ありますが、おそらく気になってくるのはこの辺りかと思います。逆に言えばこの3〜4点が気にならなければ無料版でも十分と言う事です。

参考に無料版で自作インジケーターを3つ表示した画像をお見せします。

 

かなり見やすくないですか?これを使うと他のチャートが少し物足りなくなるかなと思います。

有料プランも30日は無料で使えるので、PRO+辺りを30日使ってみて、実際にどの程度の機能が必要か確認してからプランを決めるのが良いと思います。

30日目が近付くと更新のお知らせが届きますが、50%オフのオファーが来たりするのでなるべくギリギリで更新するのが良いでしょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です