⑧線形回帰

初めのうちは、トレンドが上昇なのか下降なのかなかなか自信が持てないですよね。

そんな時に便利なのが「線形回帰」です。Tradingviewの内臓インジケーターで「Lig Reg」というものです。表示させると「紫とピンクのひし形」で描画されます。

分かり易いですね。右肩下がりだから下降トレンドと視覚的に判断できます。画像は5分足ですが、週足/日足/1時間足のトレンドを確認した上で判断をしましょう。

週足 線形回帰
日足 線形回帰
時間足 線形回帰

全て下降していますね。なのでエントリーするなら「short(売り)」が有利という事です。というか素直にトレンドに従った方が、確実に勝率が上がります。

またこの上下のラインはサポート/レジスタンスとして機能しており、その近辺で反転し易い為エントリーポイントを探す上でも参考になります。簡単な例を挙げれば、下降トレンドであれば紫の上限近辺で「売り」で入るわけです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です