IMFの世界経済見通しのグラフの中の日本。

時々、経済ニュースのサイトを見ています。
どこかで、IMFの世界経済見通しのグラフを見たのですが、どこで見たのか忘れて、ちょっと探しましたら、以前に「ロイター」で見たものでした。

で、何に驚いたかというと、2020年の日本の成長率です。
0.5%って、このグラフの中で一番低いです。
これはどういう意味なのでしょうか?
成長はほぼ無いという事ですか?
それならそれで、維持出来るだけマシって事ならいいのですが、他の国の成長率がそこそこある中、日本が0.5%というのがちょっと怖いですね。

これは世界中の人が見ているわけですから、日本の成長に期待する人はほぼいないって事になりますね。
日本への投資は控えますね。

すると、何が起きるのでしょうね。。

世界全体でみると、2020年の方が成長率は上がっています。
日本は逆で下がります。
これをどうとらえていいのか分かりません。

さて、日銀は大量のお金を刷って、日本株を買い支えました。というか、買い支えています。
しかし、賢い投資家はすでに日本株を売り抜け、沢山刷られたお金はすでに富裕層へと持っていかれたようです??

https://fx.traumhaus.tokyo/?p=1235

フォーブスの有名な長者番付の「長者」が所有する資産額はドンドンと増えておりますよ。

でも、株価が下がると困るのでさらにまたお金を刷って買い支え続けたとしたら、、、そのうち「ハイパーインフレ」になりませんか?

もし、そうなったら「アベノミクス」経済を成功と謳っている、安倍首相を始め、現政権の方々は先々、この責任は取れるのでしょうかね。取れるというなら、成功と謳ってくれて構わないのですけどね。

本来の実態のある経済から、完全にマネーゲームにお金を晒している結果となっております。
悪いお金儲けに秀でた人々にお金をあげているようなものです。
ええ、いますよね。そういう時を狙って稼ぐ専門家たちが。。。

そして、貧富格差はどんどん広がって、働かず(働けず、、働いても低賃金の)福祉に頼った人たちを脇に置いていくのです。
そして、言い逃れさせずに自己責任と謳うのです。

そして、その付けを払うのは誰か。目に見えています。

でも、コレでいいと日本国民が思っているから、彼らが選挙で勝つわけですか??何だかね。

さて、、この尻ぬぐいはどの世代がするのかな~??
私たちの年金も期待できませんな。
そんな、気分にどんどんさせて、自分で貯めとけ、投資しとけ、老後資金は経済悪化で保証できないと平気で言うのです。

日本の福祉はまだまし。と思っているあなた!これでは、あっという間に崩壊もあり得ます。

ジム・ロジャーズが言う通り、今の日本人は思考停止しているのですね。
まあ、彼も偉そうに物申して、誰かさんたちと同類ですが。
彼が予測する日本が現実となりうるのでしょうか?

さて、別の意見もあることは知っています。
”日本が借金かかえて破綻することはない”理論です。

理由は、「日本政府には通貨発行権があるから」。

でも、私が論じているのはその点ではありません。
刷ったお金がどこに回りますか?という事です。

さらにジム・ロジャーズのような富裕層がガッポガッポになるだけです。

そこで、インフレが起きることの恐ろしさを感じているのです。
インフレで困るのは実際どの人たちでしょうか?

・・・究極を言えば、思考停止した日本人が悪いのではありません。
お金を発行し、操る側にいる人たちが悪いのです。

はい、私が書いているこの内容は、自分の記録のためですので、私の考えでしかありません。

結局は各自の考えで生きていくしかないのです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です