トライオートFX報告-19週目

2018年10月28日開始のトライオートFX。
45万円の証拠金で、豪ドルを70円から84円までを40pips枚に1,000通貨、80pipsで利確という設定です。

3月4日の週はずっと下げ相場でした。
79.5円から77.7円あたりまで下げ、そして、開けた月曜から、現時点では戻り始めております。
週末にはこのまま下げるかと思いきや、78.7円へと半値戻ししてきました。
ですから、現在の建て玉している範囲を行ったり、来たりしただけ。

週末、更新できなかったため、3月12日午前の証拠金状況です。

問題なく維持しております。

週末、建て玉状況を取得しないまま過ぎたので、また、今週末はちゃんと保存しておこうと思います。

仕方がないので、現時点でのもの。

16ポジション。16,000通貨。
一旦、85円くらいまで上がってくれたらいいのにな。
しかし、80円を長らく超えられないので、今年の豪ドルはやはり、円高が続くと予想しています。
4月からゴールデンウイークに掛けて、どこかでかなり円高に推移してくる可能性を注意しておこうと思っています。
そこで下げて戻して、利確量産となればいいなとも思いますが、戻りが無いまま今年が推移すると、含み損を抱えたままを忍耐する時期になる可能性があります。

世界情勢がどう動くのか分かりません。
しかし、景気後退のニュースがチラホラ出ていますし、

まあ、とにかく72円を切ることがあれば、資金を追加を徹底しようと思います。
ロスカットされずに継続し、リーマンでの55円になっても、豪ドルのミドル位置である、80円から85円くらいまでに戻ってくれるのを待つというスタンスでいる予定ではあるのですが…。

しかし、27年という長い好景気を続けたオーストラリアも、中国依存の経済である訳で、このまま景気が拡大できるかというと、中国の経済悪化と共に、日本の経済成長の後のように崩れていく可能性を秘めてもいます。
ま、長い期間を経れば、また日本より早い復帰が見込めるかもしれませんが…。

それを待てるほどに、『トライオートFX』をこのままにすることが是か非か?
先の事は本当に解からない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です